コストコのおしりふきは安いのか?コスパを検証!

コストコのおしりふきは安いのか?コスパを検証!

はじめに

前回はパンパースを安く買う方法をお伝えしました。

そこで今回はおむつ関連で、コストコのおしりふき(ベビーワイプス)についてレビューおよびコスパの検証したいと思います。

現在、わが家では厚手で使いやすいので赤ちゃん本舗のおしりふきを使用しています。

しかし、うんちをした時にはちょっと厚さに物足りなさを感じていました。

その時に、コストコ通さんのブログでコストコのおしりふきが紹介されていたのを見つけ、使ってみることにしました。またこちらのブログでは水99.9%のおしりふきとの厚さの比較や、使い心地など詳細に説明されているので是非ご覧ください。

今回購入したのは「カークランドシグネチャー ベビーワイプ 」という商品です。

コストコに行かれたことがある方はご覧になったことがあるのではないでしょうか?

次に実際に私が使用したレビュー及びコストの比較結果をお伝えしたいと思います。

レビュー

「とにかく厚手で使いやすい」この一言に尽きます。

赤ちゃん本舗のおしりふき(写真左側)とコストコのおしりふき(写真右側)を並べて撮影したものがこちらになります。

大きさはやや大きいぐらいですが、厚さは一目瞭然です。

今までも赤ちゃん本舗のおしりふきを使用していたので、比較的厚い素材でしたが、それでもかなり分厚く感じました。これだけの厚さがあれば、うんちがしみてくる心配をしなくて良いので、安心しておしりを拭けます。また23回と折り曲げて使用できるのがとても良いです。

コストパフォーマンス比較

使用感は圧倒的にコストコのおしりふきが良かったですが、コストパフォーマンスが悪ければ、継続的使用を断念しないといけません。そのため、実際に1回うんちをした際に使用するおしりふきの枚数と値段から比較を行っていきます。

【値段】

1.赤ちゃん本舗のおしりふき

内容量:2160枚 (90枚×24袋)

金額:2720円

一枚当たり:1.26円

2.コストコのおしりふき

内容量:900枚 (100枚×9袋)

金額:2498円

一枚当たり:2.78円

一枚当たりの金額では圧倒的に赤ちゃん本舗のおしりふきが安くなります。差額は一枚当たり1.52円となります。

【使用枚数】

うんちをした際の、おしりふきの使用枚数は

赤ちゃん本舗のおしりふき:平均6枚

コストコのおしりふき:2枚

ここで赤ちゃん本舗のおしりふきは平均という表現を使用したの対して、コストコのおしりふきが2枚と言い切ったのには理由があります。

コストコのおしりふきは厚手のため、使用後に折りたたんで使用できるので、2枚あれば確実にうんちが取り切れます。(経験談)

そのため1回あたりの使用量は約3倍の差があります。

そのため1回当たりの値段で考えれば

・赤ちゃん本舗のおしりふき:7.56円

・コストコのおしりふき:5.56円

となります。

1回あたり2円の差額となります。

一日2回うんちによっておむつ替えを行ったと考えると年間で1460円の差額となります。

年間1460円節約できながら、ストレスなくうんち替えができるのでコストコのおしりふきはコストパフォーマンスが非常に高いといえます。

記事を更新する前まではコストコのおしりふきの使用枚数が1回あたり3枚でした。しかし、日々使用するうちに、効率よく汚れを取れるようになり、今では2枚で汚れを十分落とせるようになりました。もしも、一回当たり3枚使用したとしても、年間当たり570円の支出となるだけです。そのため、年間570円の差でストレスなくうんちの処理が出来るなら、私は断然コストコのおしりふきを使用します。
 

※コストの比較における使用枚数は完全主観(実績)のため、その点はご了承ください。

※コストコの会員登録料金は含まれておりません。

※赤ちゃん本舗のおしりふきの送料は含まれておりません

おしっこに使うにはもったいない

コストコのおしりふきは一枚当たりの単価が高いため、おしっこのみの場合は一般的なおしりふきを使用したほうが良いです。(さすがにおしっこにはもったいなくて使えないです)

おしっこ:一般的なおしりふき

うんち:コストコのおしりふき

用途を分けて使用するのがコスト的には一番良いといえます。

デメリット

おしりふきウォーマーに入らない

使用感も良くコスパも悪くないですが、唯一の欠点があります。それはおしりふきウォーマーに入れることが出来ないことです。

開閉口が袋に直接取り付けられているため、おしりふきウォーマーに入れることが出来ません。

しかし、無理やり入れる方法もあります。

そのままでは入りませんが、開閉口をカッターナイフ等で切り取りを行えば、入れることは可能です。

ただ一度取り外したら、取り付けることが出来ませんので気を付けてください。

またおしりふきウォーマーに入れて使う場合、おしっこ用のおしりふきウォーマーとうんち用のおしりふきウォーマーが各1台づつ必要となるため、合計で2台のウォーマーが必要となります。しかし、1台で運用する方法もあります。

おしりふきウォーマー1台で運用する方法

わが家ではコストコのおしりふきはウォーマーには入れずに使用しています。しかし、温かい状態で使用できています。その方法をお伝えします。

手順

①コストコのおしりふきを3枚出しておく

②出したおしりふきを、おしっこ用のおしりふきウォーマーに挟み入れる

③その間にズボンを脱がせておむつ替え開始

手間は少し増えますが、おしりふきウォーマーを2台保有する必要がなくなるのでお勧めです。

まとめ

うんちはコストコのおしりふき、おしっこは赤ちゃん本舗

注意事項

コストコのおしりふきに酢酸トロフェロールやクエン酸が配合されているので、特に肌がデリケートな新生児や敏感肌の赤ちゃんでは肌荒れが起こる可能性があります。育児ぎゅっと抱きしめてさんのブログに詳細な成分の分析がなされていますので是非一読ください。

またおしりふきを、手口ふきとして使用されている方がいらっしゃるのですが、有害となる可能性がありますので使用は絶対に止めてください。

赤ちゃんのおしりふきだから安全な成分を使っている、というわけではありません。製品として流通させ、ご家庭で腐敗や使用感について問題なく使用できるようにするため、どうしても肌や眼に刺激があるだけでなく、吸入や口から入ることで体には有害となる物質が使われています。

引用元:育児ぎゅっと抱きしめて

コメント