スポンサーリンク

授乳で乳首が傷ついた時の対処法

授乳で乳首が傷ついた時の対処法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

授乳中の乳首トラブル(乳頭裂傷)

授乳をしていると多くの人が直面するトラブルに「乳首の傷(乳頭裂傷)」があります。

出産前は、授乳が幸せの象徴であり、とても幸せな事なんだろうなと漠然と思っていました。

しかし、実際に授乳をしていると乳首に発生した傷による痛みから、授乳をしたくないと思ってしまうこともありました。

しかし授乳は行わなければならず、「乳首の傷」でとても葛藤したのを覚えています。

私は妊娠中に病院の指導があり、乳頭・乳輪部マッサージをしていました。

それでも十分に柔らかくなっていなかったのか、乳頭裂傷となり非常に痛い思いをしました。

妊娠後期に入らないと、乳首を刺激することによって子宮が収縮してしまい、流産の可能性が出てしまうので、自己判断では行わず、必ず病院の指導が行われてから行うようにしましょう。
 
スポンサーリンク

授乳で乳首が傷つくのを防ぐ方法

授乳で乳首が傷つくのを防ぐにはとにかく、乳頭・乳輪を柔らかくして、保湿をすることです。
乳首の柔らかさや赤ちゃんの哺乳の力には個人差があるため、乳頭・乳輪マッサージを行わなくても、乳首に傷が出来なかった知人もいます。
保湿クリームの種類や保湿方法は次の「授乳で乳首が傷付いた時の対処法」にて紹介します。
スポンサーリンク

授乳で乳首が傷ついた時の対処法

クリームで保湿&ラップで保護

授乳で乳首が傷ついた時の対処法は専用のクリームを使って保湿することです。

それだけと思ってしまうかもしれませんが、それだけなんです。

乳首は赤ちゃんが口にするため、市販の治療薬は使うことが出来ません

そのため、とにかく保湿して守ることが大切になります。

保湿クリームを塗った上からラップを貼り密着させるとクリームが衣類に付いて剥がれることがなく、また擦れにくくなるため効果が高まります。

おすすめの保湿クリーム

ピュアレーン

ピュアレーンは医療機関でも使用されている乳頭ケアクリームです。
私は入院していた産院にて乳首の痛みを相談した際に処方され、退院後も継続して使用していました。
メデラの乳頭ケアクリーム「ピュアレーン 100」は、拭き取らずにそのまま授乳できます。天然ラノリン100%使用で無添加・無香料。妊娠・授乳中の敏感な乳頭のケアだけでなく、赤ちゃんのリップやお母さまのハンドクリームとして、スキンケアにもお使いいただけます。 medela公式より
 

ソンバーユ

薬師堂の馬油は昭和63年に日本で初めて化粧品原料として認めら、その馬油を100%使用したものがソンバーユです。
乳頭のケアのみならず、赤ちゃんのスキンケアにも使える万能の馬油です。
私は当時は知らなくて乳頭ケアでは使用しませんでしたが、ボディの保湿クリームとして使用しています。とても肌なじみが良く無香料なのでお勧めです。次に授乳する機会があれば使用してみたいと思っています。
【Q.赤ちゃんがなめても大丈夫なの?】A.ソンバーユはお口に入っても大丈夫。授乳や搾乳でがんばるおっぱいの肌荒れ予防や、赤ちゃんのお口の周りにも心配なくお使いいただけます。ソンバーユでケアした直後でも、赤ちゃんへの授乳が可能です。 薬師堂より引用

乳頭保護器で保護

乳頭保護器はその名の通り、授乳時に乳頭を保護してくれる効果が期待されます。

しかし乳頭保護器を使用する前に、保湿クリームを乳首から綺麗に取り除かなければならず(乳頭保護器のつまり防止のため)、取り除く行為が激痛であったため私は使用を断念しました。

また数回は使用したのですが、使用方法が悪かったのか、既に傷が出来ていたせいなのかは分かりませんがあまり痛みが緩和されませんでした。

あくまでも私個人の使用結果であり、傷の予防のためや乳首の形が吸いにくい場合(扁平・陥没等)にも使用することができます。乳頭保護器の選び方や注意点はmamariに詳しく書かれていますので是非ご覧ください。
スポンサーリンク

おわりに

ポイントはまとめると2点あります。

①乳首は常に保湿(ピュアレーンやソンバーユ等)
②保湿したら上からラップで保護

その他にも色々と授乳について悩んでいた時にこばやしひさこ先生の本には本当に助けられました

母乳育児について知りたいことが詳しく書かれており、また母乳育児に対する知識だけではなく、精神的に支えられる内容となっていますので大変お勧めです。

授乳は必ずいつか終わりが来ます。

卒乳・断乳した際に、辛くともいい思い出として残せるような素敵な授乳ライフを送ってください。

コメント