スポンサーリンク

ドラム式衣類乾燥機が子育てで必要な 6つの理由

ドラム式衣類乾燥機が子育てで必要な6つの理由
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

皆さんは一日に何回洗濯機を回されますか?

わが家では、おむつのうんち漏れや、食事の際に服を汚したりして、一日に多い日で4回洗濯機を回すこともあります。

4回も洗濯機を回すと、最後に干した衣類が乾いてなかったり、何度も干したり、しまったりと多くの時間を要します。そんな時に、ドラム式衣類乾燥機は必需品です。

育児をしている家庭にはドラム式衣類乾燥機は手間を省いて時間短縮だけでなく、他にも多くのメリットがありますので、お伝えしたいと思います。

因みにわが家ではこちらのドラム式衣類乾燥機を使用しています。

スポンサーリンク

育児家庭にドラム式衣類乾燥機をおすすめする6つの理由

① 子どもが服を汚しても、時間を気にすることなくすぐに洗って乾燥できる

子どもは本当に服をよく汚しますよね。

特に離乳食が始まった頃からは、本当に服をよく汚します。離乳食を食べながら汚すのはもちろんのこと、手を洗う際にも水をバシャバシャするので服が濡れますし、外に遊びに行けば水たまりに突っ込んでいきます。

その都度、洗って干しても良いのですが、夜に洗濯をすると、部屋干しになってしまいますし、なかなか乾いてくれません。

わが家はドラム式衣類乾燥機が導入される前は、除湿乾燥機と扇風機で対応していたのですが、冬場は本当に乾くのに時間がかかりました

そのため、衣類の予備が必要となったため新たに衣類を購入することとなり、それに伴って収納スペースも増やすことになってしまいました。これらの出費は今となってはもったいない出費になってしまいました。

今では洗濯してすぐに乾燥できるので、必要最低限の衣類で回せていけています。子どもの衣類はあっという間に大きくなるので、不要な服の枚数を増やさないだけでも節約につながります

スポンサーリンク

② 時間的制約がなくなる

常に室内干しならば関係ないですが、天日干しの場合、干したら必ずしまわなければなりません

そのため、外出した際などに決まった時間に帰宅する必要がるため、時間的制約が生まれてしまいます

ドラム式衣類乾燥機導入後は自由な時間に乾燥ができるため、時間的な制約が一切なくなります。また、子どもが体調を崩して急に病院に行かなくてはいけなくなった場合などに、洗濯物をどうしようなどと要らない心配をしなくてもよくなるもの精神的にメリットになります。

スポンサーリンク

③ 子どもから目を離さなくてよくなる

こちらに関してはご家庭の洗濯物干し場の環境によって異なりますが、わが家では1階に生活空間があり、2階のベランダに洗濯物干し場があります。

子どもが生まれて小さいときは、子どもを抱っこして階段を上り下りしていたのですが、子どもが成長するにつれて、子どもを抱っこしながら、洗濯物をもって上がるのがだんだんと危なくなってきました。

そのため、子どもは1階で遊んでいてもらって、その間に洗濯物を干すようにしていました。

しかし、子どもの成長は本当に目を見張るものがあり、いつものように洗濯物を干し終えて帰ってきたら、ローテーブルの上に登って喜んでいました。

幸い落ちていなかったので良かったですが、本当に初めて見たときはドキッとしました。

以降はドラム式衣類乾燥機が導入されたため、常に子どもを見守れる環境にあるため、ドキッとする体験はしていません。(ローテーブルには張り切って登ってますが💦)      

子どもはチャレンジ精神が旺盛なので、どんなに危ないことでも挑戦しようとします。そのため、常に見守ってあげられる環境はとても大事だと思います。

スポンサーリンク

④ 時間短縮

洗濯物を干して、取り込むのって意外と時間かかりますよね。

特に大きな服類はいいのですが、子どものガーゼや靴下などの小物類をピンチにかけたり、下着などを外から見えないように配置していると思いのほか時間が過ぎていたりします

この洗濯物を干す作業と、取り込む作業が毎日無くなると考えると、1日20分だとしても、年間で5日弱洗濯物を干したり、取り込んだりする時間に使っていることになりますので時間の短縮という面で見ても、大きなメリットがあります。

⑤ 衣類がふかふかになる

衣類、その中でも特にタオルが本当に驚く程ふかふかになります。

以前は、お風呂から出た後タオルで体を拭く際に、タオルで擦ると子どもの柔らかい皮膚には痛いかなと思いながら、神経を使って優しく押し拭きしていました。

しかしドラム式衣類乾燥機導入後は子ども用のタオルもふかふかになり、水分もしっかり吸ってくれるので子どもをタオルに包めば子どもの体ふきは完了します。

ガシガシ拭いても柔らかいので子どもも嫌がる様子はありません。

スポンサーリンク

⑥ 天気に左右されなくなる

天気に左右されないのは大きなメリットです。

今までに「曇り時々晴れ」という天気予報を信じて、洗濯物が濡れてしまったことが何度かありました(一時雨なら干さないのですが…本当に悲しかったです)。

ドラム式衣類乾燥機なら次の日の天気を気にすることなく、いつでも洗濯&乾燥が出来るので、天気を気にして悩むことがなくなりました。

また主人が重度の花粉症患者のため、花粉の時期や黄砂が飛散する時期に衣類を外で干さなくてよいのは主人にとっても大きなメリットだそうです。

スポンサーリンク

電気代について

どれだけメリットがあっても日々の電気代は気になりますよね。

一回当たりの電気代は家庭・家計の節約術にて試算されており、室温やメーカーによっても異なりますが、強モードの場合1回あたり60~80円程度となっています。

どうしても、温風を発生させる機械のため電気代がかかってしまう傾向にあります。

スポンサーリンク

主人の考え

ドラム式衣類乾燥機は上記の「電気代について」に記載されているように、1回の使用あたり、100円に近い金額を要します。

それでも、わが家が導入に至ったのは、その電気代と比べても得られるメリットが大きいと判断したからです。

実際に導入して、得られたメリットは本当に大きかったと常々感じております。100円で時間的制約がなくなり、年間にして5日弱もの時間が生まれると考えたらコストパフォーマンスも良いと思います。

また私が家にいる際は洗濯物を干しても良いので、その選択が行える環境があることが精神的なゆとりになると思います。

スポンサーリンク

まとめ

・いつでも洗濯&乾燥が出来る

・時間的制約がなくなる

・こどもから目を離さなくてよくなる

・時間短縮

・ふかふかになる

・天気に左右されない

・電気代は1回あたり60~80円程度かかる

コメント